整形外科で働く看護師の特殊性

看護師は基本的に、病気を患っている患者に対して適切な看護や投薬などの治療に携わります。ほとんどの診療科ではこの考え方が通用しますが、整形外科では少し事情が異なります。

整形外科はいわゆる病気というイメージが一致せず、不調を抱えている患者に対して看護を行う医療現場であるという特殊性があります。確かに病気によって整形外科に来る患者もいないわけではありませんが、外科ですから多くある症状としては、捻挫や骨折などの症状になります。通常の外科と同様に、病棟での患者のケアと外来患者の診療のサポート、手術における医師のサポートといった仕事を行うことになり、大枠だけ考えれば違いがないと考えてしまいやすいです。しかし、大半の患者は病気ではないため、行わなければならない仕事内容には大差があるのです。

骨折などの場合には長期入院が必要になる場合が多く、通常の外科よりは入院期間が長くなって患者との付き合いも長くなりやすくなります。その間にリハビリテーションが業務になるもの特殊な点でしょう。また、外来患者の診療では骨折の有無をレントゲンで確認するなどの検査対応が業務として多くなります。

病院を訪れる患者の場合には手術適用になるケースが多く、他の外科に比べても手術件数が多くて手術室経験を多く積むことになるのも特徴となります。患者の症状の性質が他と異なることによって、このような特殊性を持っているのが整形外科であり、他の医療現場とは異なる仕事をするという印象を持っておく必要があるでしょう。