医療現場で働くのを懸念する傾向と実際

看護師として働くことに魅力を感じていても医療現場に対する固定観念を持っていて躊躇してしまう人はいます。医療や看護に対する知識があまりない頃に医療現場に対して抱いているイメージとして、風邪のように感染性のある病気が多いと考えてしまっていることがよくあるのです。

病気を移されてしまうリスクがあるという固定観念から諦めてしまう人もいますが、もう一歩踏み出して少し勉強したことにより看護師になると決断できる例も珍しくありません。病気にはかかりたくないと考えるのは当然であり、それが医療に携わるのを躊躇させてしまう原因となるのはもっともなことでしょう。現実としては感染症の患者に看護を行っている人も多いですが、感染予防のための措置が十分に行われるようになっていてそれほど心配がいらなくなっています。また、感染症を全く扱わない診療科も多いのが事実です。もともとの考えを貫き通して感染症を扱わない診療科で活躍している人もいます。そのような事実を知る段階まで来たことにより、看護師になると決意できたという人もいます。

資格の取得を目指して勉強をしたり、現場で実習生として経験を積んだりすることにより感染症患者の看護の必要性を感じて専門領域として選ぶ人もいるのが事実です。医療現場では感染症のリスクは常にゼロではないのは確かですが、日常的にはリスクにさらされない事実や看護の必要性を知ると、やはり自分の職業にすると決められることがよくあるのです。