医師のサポートしか行わない医療現場の仕事

看護師の職務として患者の看護を行うのが中心だと考える人は多いものの、それよりも他の業務の方が自分に合っていると気づく人もいます。確かに看護の専門家として患者のサポートを行うのは重要な役割ですが、それに匹敵する職務として医師のサポートも大切です。
医師の仕事を円滑に進められるようにすることで、医療が速やかに行えるようになって助かる患者が増えていくでしょう。

医師のサポートだけを業務として医療現場で働くのを希望する人も少なくありません。
その際によく選ばれるのが手術室への勤務であり、大きな病院ほど手術室だけに専門性を持っている看護師を育てている傾向があります。手術室では患者に麻酔を行うまでの間に少し会話をする機会があったり、病室から患者を連れてきたりする仕事がある場合もあるものの、基本的には手術のサポートが仕事です。実施される予定の手術に従って器具出しを行い、医師が来たときにはすぐに手術を開始できるようにするのは重要な役割でしょう。

そして、手術全体をよく把握して医師が必要と考えそうなことを予め予測してすぐに対応できるように準備しておくことが欠かせません。
医師の右腕として重宝されるようになる看護師も多く、その努力によって難しい手術が成功することもあります。
大きな達成感を得られる医療現場の仕事して注目されることもあるのが手術室勤務であり、やりがいを持って働いている人が多い職場になっているのです。