新卒の看護師が医療現場を選ぶ理由

看護師の働く現場として医療と介護は重要なものとしてよく知られていますが、新卒のときに就職先として選ばれやすいのが医療現場です。介護を選んでもよく、他にも企業や学校、行政などの様々な選択肢があるものの、医療に携わる道を新卒が選びやすいのには理由があります。医療従事者としての資格という位置付けがもともとあるのは理由の一つですが、その影響を受けて医療現場で知識やスキルを磨いた方がメリットが大きいと考えることが多いのです。

介護現場で働く場合にも、医療機器を使用して高齢者の介護に当たることは多く、現場では医療について詳しいのが看護師だけということも稀ではありません。医療についての知識やスキルを手に入れていないと、あまり役に立たない人という状況になってしまうリスクがあるのです。このような状況は必ずしも臨床現場だけに共通するわけではなく、企業などで働く場合にも医療に関する知識に加えて実際の現場を知っていることが重視される傾向があります。そのため、まずは医療現場で働いて知識やスキルを習得し、十分な経験を積むという道を選ぶことが多いのです。

それを活用して医療で働いていくことも、他の業界に転職して働くこともできます。
もともとやりたい仕事があって、キャリア構築を目的として医療業界に就職することを選ぶ看護師もいるのが実情であり、将来性を考えるとまず選んでおくとよいという考え方が浸透しているのが理由なのです。